他のワインと比べて、ロゼワインの寿命は短いのですか?

この問いに対する答えは、YESであり、NOでもあります。

ロゼワイン特有のあの鮮やかな色調は、ロゼワインの楽しみのひとつ。
ロゼワインは、赤ワインと比較して色素の量が少ないので、より色調の
変化を早く確認する事ができます。

そしてワインの状態が若ければ若いだけ、ピンクの色調が際立っていま
すから、そのピンクの色合いとともに、華やかな果実や花の香り、さら
には風味をも楽しむのであれば、若々しいうちに飲むべきでしょう。

しかしフランスのコート・ド・ジュラ地域で製造されているロゼワイン
やジュラ地方で製造されているアルボワは、酸化熟成の特徴が瓶詰め時
に既に出ており、色調も時に「玉ねぎの皮」と表現されるトパーズ色に
なって、瓶内で続いている熟成を楽しむことができることでしょう。

さらにプロヴァンス地方のロゼワイン(パレットやバンドール)も長い
熟成の変化を楽しむことができるワインで、ロゼに華やかな色調や新鮮
な香りを求めないのならば、熟成後に楽しむことも可能です。

また熟成の進んだシャンパーニュのロゼワインも、素晴らしいと言える
でしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る