マナーが食事の美味しさを変える

食事の美味しさは、周りの雰囲気にも大きく関わります。

家では味わえない雰囲気を楽しむことも、レストランの醍醐味です。

そのため、レストランでは、価格帯によっては服装やマナーに注意しなくてはならない場合があります。

基本は他人を不快にさせないようにすることです。

ナイフとフォークの使い方がどうという問題よりも、他人に迷惑をかけない、場の雰囲気を乱さないといった、基本的な事を守りましょう。

大声での歓談や、下品な話題、店員に対する横柄な態度などは、つつしみましょう。

また、きつい香水をつけてしまったり、煙草をたくさん吸ったりするのは、ワインや料理の繊細な味が分からなくなってしまうので、ほどほどに。

最もやってはならないのは、飲み過ぎて泥酔したり、あまつさえ、店内で寝てしまい、いびきをかいたりすることです。酒癖がよくない人は特に注意しましょう。

こうした最低限のマナーに気をつけてさえいれば、店からも好かれる客になります。

店の側としては、気持ちよく食事をしてくれる客は、大歓迎したい客なのです。感じの良いお客さんには、少しサービスをしたくなります。

こうしたちょっとしたマナーを守ることで、他人に配慮するだけでなく、スタッフからも配慮され、自分自身も楽しむことができるのです。

食事だけでなく、その店の雰囲気も味わいながら、ワインを楽しみましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る