ホスト・テイスティングの意味と役割を知りましょう

ホスト・テイスティングとは、注文したワインと同じものが提供されて
いるか、味に異常はないかを見分ける作業のこと。テレビなどで、優雅
にテイスティングを行なっている画を見ると、まるで儀式や作法のよう
にも見えますが、実際は先に述べたことをチェックしているに過ぎませ
ん。

まず、運ばれてきたワインのラベルをチェックします。抜いたコルクも
チェックしたあと、テイスティングにはいります。少量のワインが注が
れ、色や香り、味を確かめ、劣化した様子がなければ「美味しいです」
「結構です」などと述べればOK。

昔は、コルクに不純物が入っていたり、パーティーなどで毒を盛られた
りという可能性もあったことから、毒見の意味もあったわけですが、現
在ではそういった心配はあまりないので、半分は儀式のようなものでし
ょうか。色も、濁ったり茶褐色でなければ大丈夫です。ただ、開けてか
ら数日たったワインを出すお店も時にはあるので、確認して損はないと
思います。

初めて飲むワインで、テイスティングに自信がなかったら、ソムリエに
お任せしても構いません。大事なのは、運ばれてきたワインが注文通り
のものかどうか、味に劣化がないかを確かめることであり、決してテイ
スティングの動作を披露するということではありません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る