堂々と注文してOK!ハウスワインの意味とは?

ハウスワインは、グラスで注文できる一番安いワインであることがほと
んどですが、実はボトルもグラスもあります。もともとは、ワインの醸
造家や地主が自宅で飲むように作ったワインを指していたようですが、
現在ではレストランが自分のお店で出す料理に合わせて提供する、一般
に市販されているワインのことを言います。

ハウスワインは通常店で常備されていますが、その銘柄が入れ替わるこ
ともあるので、メニューを書き換えなくてもいいように「ハウスワイン」
とだけ記載されている場合も多いようです。カフェでよく見る「本日の
コーヒー」のようなものでしょうか。

ワインリストの一番下にあり、値段も一番安いので、頼む方は恥ずかし
くて頼みづらい、と思う方もいるようですが、決してそんなことはあり
ません。

ハウスワインはお店側が「まずはこのワインで試してみてください」と、
お客に勧めているワインです。お店の料理の味と客層を熟知したソムリ
エが選んだものですので、最も無難なワインでもあります。もちろん、
価格帯も、お店の料理に見合ったものが提供されています。

そういった意味で、ハウスワインはお店の看板ともなる重要なワインな
のです。ですから、お客にとっても、お店を評価するのに欠かせない重
要な要素となります。

ハウスワインは恥ずかしいと思わず、堂々と頼んでください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る