フランス料理店でビールを頼むのはマナー違反?

フランス料理店に入ったけど、今日はビールが飲みたい。でも、これっ
て格好悪い?

いえ、そんなことはありません。お店に置いてなければ仕方がないです
が、メニューにある以上、ほしいものを注文して構いません。お客なの
ですから・・・。

なぜフランス料理店にビールが少ないかというと、元々フランス人はビ
ールを飲む習慣は余りなく、また、ビールに合うフランス料理が少ない
というのが理由。

でも、最近はビール好きのフランス人も増えてきたようで、需要があれ
ば店側も用意するということで、ビールを置くレストランも増加傾向に
あります。

ただ、フランス料理というのは、ひと皿ずつ運ばれてきてゆっくり楽し
むものなので、ビールでは最後のひと皿が運ばれてくるまでに、お腹が
いっぱいになってしまうかもしれません。また、ビールの苦味と炭酸の
きいた刺激は、繊細なフランス料理と味の喧嘩をして、風味を打ち消し
あってしまう可能性もあります。

もちろん、お店側もお客様には美味しく召し上がっていただきたいわけ
ですから、ビールを用意しているところは、ビール用のメニューも置い
ていたりします。フランス料理はソースによってさまざまな味のバリエ
ーションを作れますから、ビールにあったメニューの開発をしているお
店があるかもしれません。

フランス料理に相性がいいのはやはりワインですが、ビールを置いてあ
るお店はそれだけお客のニーズに柔軟なお店で、心地よいサービスが受
けられるかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る