ワインを使った、上手なおもてなし方法。ワインは誰が選ぶ?

大事なゲストを、素敵なレストランで、美味しいワインでおもてなし。
接待する側もされる側も、楽しいひと時を過ごすには、どんなワイン選
びが必要でしょうか。

ワイン好きの相手を接待するとき、相手に失礼があってはいけないのは
もちろん、相手の好みにあったものをお勧めしなければならないし、で
も、自分にはワインの知識はあまりない。

だからといって、ゲストにワインリストを渡して選んでいただくのは、
タブーです。実は、これは相手に失礼なことなので、必ず覚えておきま
しょう。接待する側・される側にワインの知識がある、ないに関わらず、
やはりソムリエに相談しましょう。

ソムリエと相談して決めたワインは、折角なのでソムリエからその個性
について紹介してもらいましょう。料理についても、同様に説明を受け
て、その相性について教えてもらうと、その後の食事が数倍楽しくなり
ます。料理が出てくるまでのワクワク感はもちろんのこと、事前知識が
あるのとないのとでは、ワインも料理も味わい深さが全然違います。

ソムリエの力をちょっと借りることで、接待の場はとても楽しいお食事
会になり、相手にも十分満足してもらえることでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る