理想のワインに出会える!上手なワインの頼み方 ~ワイン中級者編~

普段からワインは飲み慣れているけれども、それほど精通しているわけ
ではない。いつもとちょっと違う味が楽しみたいけれど、ワインリスト
を前にして、スマートにこれ、と頼めるほどの知識はない。そんな時、
どんなふうに頼めば、理想のワインに出会えるでしょうか。

ワインは、やはり料理との相性が一番です。料理とワインの味を互いに
引き立たせるようなワインを選ぶには、やはりソムリエに聞いてみるの
が一番でしょう。

でも、新しい味を試したかったのに、いつもと同じようなワインが出て
きてしまって新鮮味がなかったり、または好みとは違うタイプのものが
出てきてしまったりすることもあります。また、お店の方としても初め
てのお客様では、甘さ辛さの好みはもちろん、いつもどの程度の価格帯
のワインを飲んでいるのかもわかりません。

そんなときは、普段飲んでいるワインの銘柄を伝えましょう。それを基
準に、それに似た味のものか、または全く異なる味のものかなどを伝え
ると、お店側は非常にわかりやすいですね。

普段飲んでいるワインの銘柄がわからない、という方も、甘さ、辛さ、
渋みの強さという点を中心に味の好みを伝えると、ソムリエはイメージ
しやすいものです。普段飲んでいる味をなるべく具体的にい伝え、それ
と違うものか似ているものかを伝えることで、その時の気分にあったワ
インに出会える確立が高くなります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る