ディジェスティフ(食後酒)は食事の余韻のために

食後酒は「ディジェスティフ」とも言われ、消化という意味です。胃腸
を整える時間を与え、食後の余韻を楽しむお酒です。食後ですからデザ
ート感覚で飲めるお酒や、食前酒ではあまり飲まないような高い度数の
香り高いお酒が好まれます。

ワイン以外なら、コニャックやアルマニャック、フルーツブランデーな
どがあります。フランス人は食後にコーヒー、チョコレート、葉巻、ブ
ランデーを楽しむそうです。

食後酒に相応しいワインには例えば「フォーティファイド・ワイン」が
あります。食事中に出される「テーブル・ワイン」とは別にカテゴリー
されています。

「フォーティファイド・ワイン」は酒精強化ワインです。ワインにアル
コール添加するのではなく、発酵中の天然果汁にワインから取ったブラ
ンデーを添加するのが原則です。

添加が醸造中のため、「フォーティファイド・ワイン」はワインのカテ
ゴリーに入ってます。ちなみに発酵後のワインに薬草を混ぜたベルガモ
ットは、ワインベースでもワインではなくリキュールになります。

「フォーティファイド・ワイン」の誕生には様々な経緯があります。例
えば飲み手側では一風変わったワインが飲みたい。作り手側からは食前
酒や食後酒の需要、付加価値のついたワインを造りたい。両者のニーズ
が合致して、試行錯誤の末に誕生しました。

食後のワインには甘口の貴腐ワインやポート・ワイン、マデイラ・ワイ
ンが代表です。ポート・ワイン、マデイラ・ワイン、シェリーは世界3
大酒精強化ワインと言われています。

貴腐ワインは白ワイン用のブドウにある種のカビを感染させ、糖度が高
まることで芳香が高まったワインです。フルーティな芳香と蜂蜜のよう
な風味、琥珀色の優しいワインでデザート・ワインとして飲まれること
が多いようです。代表的なものではフランスのソーテルヌやハンガリー
のトカイが有名です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る