ワインリストを見たら高いワインを頼んでしまう!?

レストランのワインリストは名前も値段も敷居の高いものです。専門家
でも無い限り、一読しただけでは注文が難しかったり値段が高かったり
と、帰り際に請求書の数字が気になってしまうことがあります。

日本のレストランのワインが高いのは人件費や家賃、設備などが高いと
いうのもありますが、それだけではありません。

たとえば飲食店業界ではお酒の仕入原価を元に、一定の掛け値で売値を
決めるという因習がありました。その理由や由来はわかりませんが、そ
れは長く続いてきました。そしてワインはウィスキーやブランデーのよ
うな蒸留酒と同じやり方で値付けをされました。

レストランにおいては、シェフが心をこめて作った料理が主役で、ワイ
ンは脇役です。ですから本来、ワインは食事を楽しませるために安く値
を付けるべきであると思います。しかし売上を上げるためにどうしても
ワインは高い売値を付けられがちです。

また値付けもですが、レストランのワインの選び方も重大な問題です。
有名なワインを揃えるというのは、レストラン側にワインの知識が無く
てもワインリストに載せればクレームはつきません。

ですが安くて良いワインは、レストラン側に知識や経験が必要となり利
き酒も重要です。安い価格帯が多いレストランは、必ずワインに熱心で
利き酒も多いはずです。

お客側としてレストランに行った時、大事なのはワインに対する素直な
感想と自分の舌を信用するということです。ワインの知識や名前は本を
読めば覚えますが、感性はまず飲まなければ磨かれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る