赤ワインは栓を抜いてすぐ飲まない方がいいの?

赤ワインの栓を抜いたときに、茹でた小豆や鉄、インクの香りがしたこ
とはありませんか?それはワインが瓶の中で息が詰まっていた証拠で、
いわゆる酸欠になっている状態。そういったワインは、デキャンタージ
ュをしてたくさんの空気に触れさせることで、息を吹き返します。

赤ワインは開栓前でも瓶の中のわずかな酸素やコルクを通じて息をして
おり、ゆっくりと熟成していきます。そして更に開けたあと空気に触れ
て酸化することで味わいが変化するのです。その変化を楽しむのも赤ワ
インを飲む醍醐味の一つです。

若いワインほどたくさんの酸素を欲しがっていますので、栓を開けて息
が詰まっているなと感じたら、是非デキャンタージュをしてみて下さい。
飲む時間が分かっている場合は、その時間に合わせて早めに栓を抜いて
おくと、周りの酸素を吸って息をすることで、デキャンタージュと同じ
ような効果を得ることができます。

栓を抜いてすぐに飲んでしまうと、酸化することで様々な味わいに変化
する赤ワインを楽しみ損なってしまうこともあるので、栓を抜いたとき
に酸素を必要としているかどうか、よく判断して味わってみて下さい。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る