赤ワインの場合、熟成すると最後にはどのような香りになるのですか?

植物の一生に類似している。赤ワインの熟成による色の変化について知
ると、そのように思う方もいるようです。

紫色から橙色に変化し、最終的には茶色になるというのは、お日様の光
をいっぱい浴びて、果実が実り、食するのに一番適した紫色の時期から
全体的に枯れていき、種の保存をするために種子が土に同化し、葉は落
ちて、種子が発育していくための養分になる。この一連の流れを表して
います。

こんな植物の一生のような流れを、瓶の中で、ワインがたどっていると
言えるのではないでしょうか。

紫色をしている段階では果実のような香りが充満していますが、橙色が
強くなってくると、腐葉土やキノコといった、いわゆる土の香りが強く
なります。これはワインの価値や値段に関係無く、すべてのワインに共
通します。

若々しい時代は、果実の香り、ハーブやスパイスの香りでいっぱいなの
が、熟成を経ることにより、キノコや有機物を多く含んだ土の香りに変
化していくのです。これは年を経ると土に還っていくという自然界の法
則を体現しているのでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る