常温が主流の赤ワイン。冷やしてはいけない?

赤ワインを常温で飲むと、何か「もあっ」とする。ちょっと冷やして欲
しいけど、赤は常温って言われてるし・・・。そんな理由から、お店側
に「冷やしてください」と頼みづらいと感じる方も多いかもしれません。

でも、赤ワインを冷やすようにお願いしても、なんら問題はありません。

お客のリクエストをお店側が聞くのは当たり前、というのももちろんあ
りますが、でもそれ以前に、実は日本の気候での常温ですと、赤ワイン
の保管には温度が高すぎるのです。

フランスの気候では、常温は18度くらい。でも、日本では20度から
25度くらいの間。日本で赤ワインを飲む時は、普段からきちんと温度
管理しているものを飲むか、それが無理なら常温のものは一時間ほど冷
蔵庫で冷やしてから飲むべきなのです。

赤ワインを冷やしてはいけないといのは、タンニン等の渋み成分が冷や
しすぎによって抑制されてしまうと、せっかくのふくよかな風味も失わ
れてしまうからです。ですからタンニンを多く含むような高級な赤ワイ
ンは、ちょっと高めの温度のほうがいいのですが、それでもやはり18
度くらいが適温です。

赤でも渋みの少ない軽めのワインですと14~16度くらいの方が、す
っきりしていて美味しく感じられます。甘口のワインでは、冷やし気味
の方が甘さがやや抑えられ味が引き締まり、ちょうど良くなることがあ
ります。

ただし、冷やし過ぎもよくありません。最低温度は5度くらいまででし
ょうか。それ以下だと味が感じられなくなってしまうので、お勧めでき
ません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る