赤ワインの道はフランスに通ず!?

ドイツ、スペイン、イタリア・・・、世界にワイン王国は幾つもありま
すが、特にフランスは赤ワインの2大地方を抱えています。それはボル
ドーとブルゴーニュです。

生産量も多く、極上の赤ワインを生み出し、それを頂点に様々な階層の
赤ワインを生み出しています。またボルドーとブルゴーニュが生み出す
良質なワインは、ワインの一つの理想の形としてなっていて、「古典的
ワイン」とされています。

よくボルドーワインはワインの女王、ブルゴーニュワインはワインの王
様と言われています。特徴はボルドーは暗い赤で渋みがあり重厚複雑な
味と香り、ブルゴーニュは鮮やかな紅で香り高く爽やかな酸味がありま
す。

ヨーロッパには他にもワインの歴史が古く、素晴らしいワインを造る国
はたくさんあります。ですがワインの理想形となると、ボルドーとブル
ゴーニュに優るものはありません。

これはヨーロッパだけではなく世界でも同じで、世界のワイン生産国は
こと赤ワインに関しては理想形であるボルドーとブルゴーニュをどう追
い越すか、どう違ったものを造るかという視点で造ることになります。

ワインボトルならボルドーはいかり肩ずん胴型で、ブルゴーニュは薄緑
のなで肩で安定した腰太型。ほとんどの国はそれに影響されていて、ワ
インボトルの形を見ればボルドーあるいはブルゴーニュを意識している
など、造っているワインの傾向も分かるものです。

関連記事

ページ上部へ戻る