ワインの頒布会から届いたシュワルツ・カッツがキューピットに

昔、まだ若くてアルコールの世界にちょっと足を踏み入れたばかりの頃
のことです。ワインをいろいろ知りたいなーと思って、「世界のワイン
頒布会」というのに入ったことがあります。もちろん、ワインについて
はな~んにも分からない私。お任せコースに入りました。

軽くて飲みやすいピノ・ノワール、タンニンが多くてどっしりとした風
味のカベルネ・ソーヴィニヨン、白ワインのシャルドネなど、ワインの
いろはを説明するパンフレットが、送られてくるボトルに添えられてい
て、入門コースの私にはぴったりの頒布会でした。

毎月、受け取るのがとても楽しみでした。

ある時、その中にドイツワイン、ツェラーのシュワルツ・カッツが入っ
ていました。かわいらしいクロネコがラベルに描かれている、有名なワ
インです。

ちょうどそのころ、仕事でも駆け出しの私は、会社が始めたあるプロジ
ェクトに配属されて上司や先輩の方々の頑張りを見ていましたが、何の
戦力にもなれません。そんな自分にもどかしさを感じていた時、ふと、
尊敬する上司がネコ好きで、野良ちゃんが寄ってくるとたまらず拾い上
げて家に連れて行くのだという話を耳にしました。

何の気なしに、全く深くは考えず、ワインの頒布会で届いたシュワルツ
・カッツを、会社に持っていって、その上司の机の上にそっと置きまし
た。徹夜に近い日々が続いている上司を、少しでも慰めたいと思ったの
かもしれません。もちろん、上司はとっても喜んでくれました。

その上司が、何を隠そう、今の私の夫です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る