ワインに合わない食べ物とは何か?

昔から、カレー、マスタード、アンチョビ、生オニオン、ガーリック、酢の物、魚介類の干物、サラダ、生たまごなどは、ワインと合わないと言われています。

しかし、スパイスの効いたカレーライスでも、カジュアルな赤ワインとなら一緒に美味しく頂くことができますし、一概に「合わない」と決めつけるのは乱暴なようです。

では一体、どのようなお料理がワインと相性が良くないのでしょうか?

まず「強い酸味」とはあまり相性はよくないようです。というのも、せっかく美味しい白ワインと合わせて頂いても、例えば大量のレモン汁を絞ったドレッシングのサラダを食べた後などは、ワインの風味がよくわからなくなるのです。

また、スープとの相性はどうでしょうか。スープとワイン、液体同士ということもありなかなか一緒に楽しむことがありませんが、「食べる」ように頂くワインスープですと相性はなかなか良い印象です。

次に、西洋料理以外の魚介類との相性はどうでしょうか?

なぜか「干物」や「塩辛」などに代表される魚介料理はワインと合わないとされています。このことについては、ワインに含まれる「鉄分」が関係していることがわかりました。この「鉄分」が多いほど「魚介の生臭さを感じる」ようで、そのためにワインとの相性が悪いとされているようです。

オリーブオイルやバターといった油脂を用いる西洋料理では、魚介類の生臭さの原因となる成分が油脂によって抑制され、ワインとの相性も良いのですが、天ぷらのように油脂を使う料理の少ない日本料理の場合は、生臭さが発生してもそれを抑制されることなく逆に臭みを強く感じてしまうことがあったのです。

しかし、驚くことに、日本の国産ぶどうを使った白ワインには「鉄分」の含有量が少ないという調査報告がありました。このことによって、「油脂をあまり使用しない日本の料理」には「鉄分の含有量が少ないとされる国産ブドウによるワイン」が合う、という感慨深い結果が導き出されたのです。やはりそれぞれの風土に根ざしたお料理とお酒というのは相性が良いようです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る