ワインと酢は合わないのでしょうか

酸造酢と呼ばれるモノと、ワインヴィネガーなどをワインに合わせるの
は、かなり難しいようです。

酢酸はアルコールが酸化したものなので、ワインが酸化したもの、つま
り劣化したものの風味にとてもよく似ています。この風味が、ワインの
味の根本を崩してしまう可能性が高いのです。

この問題は、ワインのみならず、日本酒、ビールにも言えることです。
ただし、お酢もバランスよく調味料として使われていれば、全く問題は
ありません。

例えば、バルサミコ酢などをソースの仕上げに数滴加えることは、料理
にボリューム感が出てきて、味に深みや複雑性を与えることができます。
味覚上では、酢酸の味は優位に立つことはないですから、ふくよかさを
与えるという意味でのワインとの相性は悪くないと思います。

また、ワインの中にも、お酢を使った料理であるお寿司に合う、白ワイ
ンが開発されるなど、お酢を使った料理に合うようなワインが出てきて
います。このようなワインをがあるという事も知っておくとよいでしょ
う。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る