日本食材の中でワインに合わないものはありますか

日本食材に限らず、ワインの良さであるフルーツっぽさの持つ自然な酸
味に合わなければ、大体が合わないものが多いようです。

日本食材に関して言えば、合わない食材にはいろいろあります。

一つは単体で味わう発酵食品、例えば塩辛やこのわたなどはとても合わ
せるのが難しい食材です。調味料として使う場合は問題ないと思います
が、それ単体で味わう場合は、ワインと一緒に食べるのはすごく難しい
と思います。

また、ヨード臭がするものは合わせるのが難しく、たとえば、あわびの
肝、イクラ、キャヴィア、海藻、ウニなども合わせにくいもの。キャヴ
ィアが合わないの?と驚かれる方もいると思いますが、実は単体では合
わせにくい食材の一つです。キャヴィアは普通はサワークリームやブリ
ニと呼ばれるそば粉のクレープを添えて食べます。キャヴィア単体で食
べるならば、ウオッカや、泡盛のような焼酎、日本酒の方がより合いま
す。

その他にも、合わないモノがありますが、どういったものが合わないか
実際に飲みながら考えるのも楽しいものです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る