ワインに合わないという食材は無いの?

実は、ワインに合わない食材はないというわけでもないのです。

例えば、ワインとチーズは良く合うと昔から言われていて、事実その通
りなのですが、赤ワインとフレッシュな口当たりのヤギのチーズとの組
み合わせで言うと、ヤギのミルクが青臭く感じられて合わない場合があ
ります。これは意外に思う人も居るでしょう。

もう一つ、酸の強い赤ワインとチョコレートでは、チョコレートの甘さ
が酸味をきつく感じさせる場合もあります。これも合わない組み合わせ
の一つでしょう

逆に合わないと言われているゆで卵とワインとでは、卵黄の硫黄っぽさ
が前面に強く出ているから合わないと言われています。しかし、これに
ベーコンやキノコを合わせると、全体が中和されて良い組み合わせにな
ります。

サラダが合わないと言われているものも、ドレッシングのヴィネガーに
原因がある場合が多く、ヴィネガーに果物の果実を加えて、ベーコンな
どの具材を付け足せば問題が無くなります。つまり、合わないものでも
工夫次第で良くなるものが多くあります。

組み合わせを考えることによってワインと合う合わないが決まってくる
ので、この合う合わないの方法を考えるのもワインの楽しみ方の一つだ
と思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る