グラスの材質によってワインの味わいは変わる?

ワイングラスの材質によってワインの味わいは変わってくるのでしょう
か?実はグラスの材質よりも飲むときの感覚に影響してくるのは、唇に
触れるところのグラスの厚さや形状で、材質はあまり関係ありません。

ですから、ワイングラスがガラス製だからどうだとか、クリスタル製だ
からどうだという材質による味わいの違いはほとんどありません。しか
し残念ながらソーダガラスは、時間が経つと変色してしまいますので、
気になる人は避けた方がいいでしょう。

ワインのテイスティングの際は、色や濃淡、透明感などを見るために透
明なグラスを用いますが、カットグラスなど装飾が施されたグラスも綺
麗で食卓に彩りを添えますので、家庭で楽しむにはおすすめです。

グラスの材質による味の違いはありませんが、ワインを注いだときの光
沢は少し変わってきます。クリスタルを多く含むグラスは、光の加減に
よっては若干青く感じられることがあります。

もちろん青いからといって悪いという訳ではなく、青い方が美しく輝い
て見えることもありますので、あとは好みで自分がよりワインを楽しめ
るグラスを選ぶといいでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る