ワインとグラスの相性と選び方

ひと言でワインと言っても様々な種類があり、それぞれ違う香りや味わ
いがあります。ワイングラスはそれらのワインをより楽しむためのアイ
テムの一つで、そのワインをどのようなグラスで飲めばより味わえるか
という相性があります。

そしてその味わいに一番影響を与えるのがワインの香りです。ワインを
飲む仕草を想像してみると、鼻がグラスに近づいて自然とワインの香り
を嗅ぐような仕草になります。つまりグラスの中にたまっている香りを
いかに味わうかがグラスを選ぶ際のポイントになるのです。

花びらのように口が開いて広がっているグラスは、ワインの香りを感じ
る前に逃げてしまうので避けた方がいいでしょう。丸くてふくよかなグ
ラスで口が狭くなっているものは、グラスの中で香りが様々な表情を表
しますので、質の良いワインをより深く味わうことができるでしょう。

しかし小さなグラスに質の良いワインを入れてしまうと、せっかくの華
やかな香りが味わえません。逆に丸い大きなグラスに香りがかすかな軽
いワインを入れると、さらに分かりにくくなってしまいます。

赤ワインでも白ワインでも、デイリーワインは小さめのグラス、少し良
いワインは大きめのグラスというように、ワインの香りを基準にして選
ぶのがポイントです。

また口に含んだ際に、まずワインが舌のどの部分に触れるかという場所
や幅によっても味わいが変わってきます。グラスを傾けた時にできる楕
円状の液面を最初に口に含みます。その液面の幅が広く舌の両側まで触
れると酸味を感じ、狭いと甘味を感じます。この違いもグラスを選ぶ際
の参考にしてみて下さい。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る