ポムロール地区におけるワインの特徴

ポムロールは世界遺産のサンテミリオンの東側にある地区で、19世紀半ばにペトリュスが高い評価を受けるまでは、まったく無名の地域でした。

産出されるワインはメルローを主体として、カベルネ・ブランをブレンドしたもの。

土壌は多彩で、中央部を縦断する国道89号線より西側の地域は砂質、ペトリュスのある東側の地区は粘土質で、酸化鉄を含んだ特殊な土壌を持っています。

東側は渋味が強く、ビロードのような滑らかさを持つ、極めてエレガントなワインが産出されます。

中でもペトリュスのブドウ畑には、古代の粘土質土壌が出現しており、独特の優雅な味わいが楽しめます。

ポムロールに公式の格付けはありませんが、サンテミリオンに近い東側の地域には、非常に評価の高いシャトーがいくつか存在しています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る