お手軽「バール」ディプントで生ハムをお安く

ここ数年、それまで「お高いもの」というイメージがあるジャンルや食べ物をお手軽な価格で提供するお店が増えてきました。例えば500円のワンコインでピザを一枚食べられる本格石窯焼きのお店とか、本格的なシェフが腕を振るう「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」など。

高級路線は高級路線で意味があるのでしょうが、食文化の底辺を広げるためには、はやりお手軽に、かつ本格的なものを食べられるお店には大きな存在意義があると思います。

そんな流れの中、同じように「お高い」イメージがあるワインと生ハムを、お手軽に楽しめる値段で提供しているのが、“ワインの酒場”「Di PUNTO -ディプント-」です。このお店は、実際にスタッフがイタリアで、現地の庶民たちが生ハムを肴にワインを飲むという様子を見たことがきっかけになっているとのこと。

最近はイタリアの「バール」を名前だけパクった店が増えていますが、ほとんどは実質はなく名前だけです。その点、イタリア現地の「空気」そのものをお手軽値段で提供しようとしている「Di PUNTO -ディプント-」は、本当の意味での「バール」と言っていいでしょう。

「Di PUNTO -ディプント-」はこれまで都内を中心に関東圏に展開してきていましたが、2015年には福岡県にも上陸しています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る