赤ワインと肉料理の組合せ、その意味とは?

赤ワインというと、比較的輪郭がしっかりしていて、主張の強いフルボ
ディタイプを想像される人が多いのではないでしょうか。それはつまり、
肉を様々な香辛料を用いて料理した時、その食感やパンチのある風味に
負けない、あるいは寄り添うような芳香を、赤ワインが持っているとい
うイメージが強いからでしょう。

確かにジビエなどの大地の香りをワイルドに食す場合は、赤ワインが持
つ力強さは料理との均衡を保ちます。けれど、同じ肉料理でも和食では
返って料理の繊細な風味を、赤ワインの力で踏み荒らしてしまうことも
あるかもしれないですね。牛の刺身や鶏蒸しに赤ワインというのは、い
ささか不似合いだと思いませんか。

香辛料を多様しない、素材の味を活かしている料理の場合、例え肉がメ
インの料理であっても、白ワインを選ぶこともあります。食する人の好
みや口に合わせて、赤ワインでも白ワインでも難しく考えないで美味し
く飲めればいいのです。そろそろ赤ワインを、肉の呪縛から解放してあ
げましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る