世界三大美食の中華、ワインを選ぶのも腕次第?

中華料理といえば、フランス料理、トルコ料理に並んで、世界三大美食
に連ねられていることでも有名です。そのバリエーションの豊富さから
も納得できます。

ということで、あらゆる味が混在する味覚のカオス、中華料理にワイン
を合わせるというのは、ワインへの情熱と共に、あなたの知識も問われ
るところです。

では、まず何から料理していきましょうか。ヒントは軸になっているス
パイスや調味料から紐といていくと良いでしょう。ニンニクが味の中心
になっている、比較的さっぱりしたギョウザや春巻きなどには辛口ロゼ
ワインを。甘みが強くオイスターソースが効いている炒め物には、棘の
ない赤ワインを合わせると良いでしょう。魚介類を鶏ガラ出汁で料理し
たものには、辛口の白ワインといった感じです。これら以外にも、その
組合せは無数にあります。

また、豚肉を使った料理や、スパイスに八角を使ったものならば、ボー
ジョレーがおすすめです。ボージョレーワインは、アニス(八角)の芳
香を持っているのです。ボージョレーの産地、フランスのリヨンでは、
豚肉料理が盛んだというのも頷けます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る