ロゼワインは、主役になり得る?

ロゼワインには、日本国内において、まだまだ多くの偏見がはびこって
います。その風貌から「軽くて甘い、デザートワイン」のような先入観
を持たれ、ともすれば、ワインが苦手な人でも飲みやすいとか、メイン
ディッシュに合わせるには、役不足などと認識されてる人も多いようで
す。

けれどそれらは、誤解です。ロゼワインはそのほとんどが、実は辛口に
分類されているのです。特にフランス人にとって、ロゼワインといえば、
プロヴァンスの辛口ロゼが一般的です。

ロゼワインの特徴として、芳香は赤ワイン寄りでありながら、舌触りや
喉越しは白ワイン寄りであるということが挙げられます。そのことから、
辛口ロゼワインであれば、実はかなりオールマイティーにいろいろな料
理との組合せが効き、充分に主役を張れるのです。

特にトマトを使った料理やソースに、ロゼワインは本領を発揮します。
地中海地方で採れた、太陽の恵みが詰まったトマトと辛口のロゼワイン
との相性は、この上ない組合せになります。

また、ハムやソーセージ、シーフードのフライや、中華料理の点心にも
ロゼワインは、しっくりマッチします。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る