サラダにワインは合わないと言うのは、ウソ?ホント?

一部で囁かれている「ワインにサラダは似合わない」という噂は、さて
本当でしょうか?いいえ、それは間違っています。合わないのは、サラ
ダそのものではなく、醸造酢、とくに米や穀物から作られたお酢が、ワ
イン全般とマッチしにくいのです。つまり、問題はドレッシングを作る
時に、酸味として何を使うのかということです。

シンプルなグリーンサラダに、塩と粗挽きブラックペッパー、アクセン
トにはレモンかライムを絞った果汁、グレープシードオイルを少々。こ
んなサラダでしたら、白ワインがとても似合うと思いませんか?

また、お酢を使う場合、果実酢を使うことをおすすめします。アップル
ビネガーやぶどうで作るワインビネガーなどでしたら、ワインの芳香を
壊してしまうことがありません。

サラダの材料も考えてみましょう。新鮮な野菜にセミハードやハードタ
イプのチーズを、砕いて入れたり、ゆで卵やカリカリのベーコンなどの
動物性たんぱく質を混ぜて、味にバラエティを出したとします。すると、
より一層白やロゼワインが引き立ちます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る