お袋の味、野菜の煮しめにワイン?

五目煮や筑前煮、季節のたけのこや里芋の煮物、それらには一見ワイン
よりも日本酒が浮かびますが、いえいえとんでもない、ワインは日本の
昔ながらのお袋の味にも合うのです。

根菜類が持つ、大地の馥郁とした芳香やミネラルからの旨みに合うのは、
フランスのシャンパーニュ地方で作られるワインが、なんといってもお
すすめです。

煮物にシャンパン?と驚かれる方もいると思いますが、シャンパンの特
徴のひとつ、あの金属的なシアーでシャープな芳香が、根野菜を煮た時
の香りととても共通しているのです。

れんこんやごぼうなど、土の香りが強い根野菜を、料理酒に白ワインを
少々入れて煮たものを、欧米人に振舞うと、シャンパンとの相性の良さ
に感動されます。パーティーでの、ちょっとしたサプライズといった感
じで、話題も盛り上がります。百聞は一見に如かずで、日本のお袋の味
の奥深さを説明するのが容易くなるので、食文化の共通性を見出すきっ
かけともなっています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る