シャブリと生ガキがよく合うと言われていますが本当ですか?

ブルゴーニュを代表する辛口白ワイン「シャブリ」と、生ガキが合うと
いう話は、昔の話です。

その昔、カキは海沿いの街から陸路で目的地であるパリへと送られてい
て、陸路ですから、距離もかなり遠く、鮮度がそれほど良くありません
でした。

だから、酸味の強い白ワインをたくさん飲んで、鮮度の悪い生ガキの味
をごまかしていたのです。

しかも、昔の貴族は沢山食べるのが美食家と言われていたので、ブルゴ
ーニュのワインを沢山飲むのが、金持ちである証拠と考えれれていたた
め、昔はシャブリと生ガキが合うと言われいました。

しかし、今は時代も変わって、生ガキは鮮度の良いまま目的地へと運ば
れますし、ブルゴーニュの白ワイン「シャブリ」も昔と違った製法で作
られているために、味はフレッシュな酸をまろやかな酸に変えるところ
も多くなり、生ガキに合うとは言えなくなりました。

もしもシャブリと生ガキとを合わせたいと考えた場合は、カキをそのま
ま食べるのでなくて、サッと火を通すようにして、軽く白バターを添え
るとか、きのこをみじん切りにして、バターで炒めるとか工夫をするこ
とで合わせることは可能になります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る