ワインって生ガキに合うのでしょうか

合うか合わないかについていは、個人の好みや嗜好に関係してくるので
必ず合いますといったり、絶対に合いませんとは言えないもの。

しかし、若いワインだと果実の香りが強いので、カキと合わせにくい場
合が多いのは事実。カキの生臭さや、ヨード臭などの香りが強調されて
しまうため。その場合だと、5~6年経ったワインのほうが、香りが落
ち着いていて、若いワインよりは、成熟したワインのほうが合わせやす
いようです。

生ガキに合うワインとしては、白ワインが挙げられます。白ワインは、
フレッシュな酸を持つためです。

通常は、生ガキにレモンや赤ワインヴィネガーを使うのは、酸に殺菌作
用があるためです。

また、ワインを飲んで生ガキを食べるときに、レモンに酸をかけない人
がいますが、コレは、ワインにはレモンのような酸の効果があるためで
す。

ちなみに、フランスでは昔から、生ガキを食べる時は白ワインをたくさ
ん飲むような習慣があるそうです。このように、ワインに生ガキは合う
場合もありますし、合わない場合もあります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る