ワインと日本酒での料理の合わせ方の違いとは

ワインと日本酒とで料理の合わせ方には大きな違いがあります。

まず、ワインには、味わいに関して言えば産地、醸造元、年号により様
々な違いが花開いている世界ですので、味わいにも、ものすごく違いが
あります。ですから、料理の合わせ方については、かなりの数の合わせ
方があります。それこそ最高という組み合わせもあれば、まったく合わ
ないという組み合わせもあります。そこがワインの面白いと思える所で
もあります。

逆に、日本酒の場合は、絶対に合わないという組み合わせはごく少数に
なります。日本酒はとにかく味のバランスの完成度がとても高いので、
別の言い方をすれば、味わいがあまり変化が無く、良くも悪くも平均的
です。ですから、日本酒には味に包容力があり、どんな料理にも合って
しまうのです。だから、料理の組み合わせとしてはそんなに数はありま
せん。

つまり、ワインと日本酒との料理の合わせ方の違いについては、ワイン
は料理に合う合わないがあり、組み合わせ方が豊富です。一方日本酒の
場合には、合うものが多いが、組み合わせ方はそんなにないという違い
があります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る