ワインと専門的な料理との合わせ方

料理とワインを合わせる時に考えなければならないポイントは、香りで
す。果実の香りと料理がどのように合うかを考えるのが、ワインと料理
との相性を考える為の基本となります。

例えば、塩辛に苺が合うかどうか考えたときはどうでしょうか。苺より
も酸味としてはレモンの方が合いやすいように思いますよね。はじめは、
このような発想をしながら少しずつ発展させていきます。ビーフシチュ
ーにはどんなモノが合うでしょう。グレープフルーツよりも、チェリー
やカシスの方が合いそうです。

それでは、ワインはどうでしょうか。白ワインには、レモンやグレープ
フルーツ、青リンゴなどの香りがあります。赤ワインには、チェリーや
ラズベリー、カシスなどの香りがあります。その香りが料理とどう合う
かバッティングするかを考えることがワインと料理との専門的な合わせ
方の考えになります。

もっと専門的な次のステップを目指す場合は、赤ワインには胡椒やシナ
モンといったスパイス系の香りがあること。白ワインにはハーブ系の香
りが特徴的だという事を知り、もっと料理との香りの相性を考えること
です。このように複雑な合わせ方をイメージしていくとより専門的な考
え方が出来るようになります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る