ワインと料理の相性がいいってどういうこと?

日本酒や焼酎よりもワインの方が「料理との相性」という言葉をよく耳
にする気がします。それは日本人にありがちな発想として、お酒は料理
を美味しく食べるための脇役で、料理の邪魔をせず飲み進めればいいと
か、もしくは料理の臭みやクセをなくしてくれるからいいといったよう
な、消極的な理由でお酒を選ぶことが多いからではないかと思います。

ワインと料理の相性とは、ワインも料理もより美味しく楽しむのに不可
欠なもので、料理の特徴や個性を消したり無くしたりするのではなく、
お互いに活かし合う世界なのです。

その世界にも2種類の相性があって、1つはレモンを添えた白身魚に爽
やかな酸味の白ワインや、牛ほほ肉の赤ワイン煮に重厚な赤ワインとい
うように、料理とワインの特徴が似ていて、お互いの味わいを高め合う
もの、もう1つはフルーツを生ハムで包むように、それぞれの個性が合
わさって新しい味わいを生み出すものです。

この2つに共通している考え方は、どちらが主役でどちらが脇役という
ことではなく、ワインと料理を一緒に味わうことによってどちらもより
美味しくなるということなのです。せっかくの個性を消してしまっては
もったいないですからね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る