ワインの色と料理の色を合わせると美味しくなる!?

お店でワインを買ってきたときに、そのワインに合わせて料理を用意す
るなら、どんな料理がいいか迷ったことはありませんか?もちろんワイ
ンと料理の組み合わせに決まりはありません。美味しく食べて美味しく
飲めればそれが一番なのです。

それでも目安として参考にするなら「ワインと料理の色を合わせる」よ
うにすると、ワインも料理もどちらもより美味しく味わえるでしょう。
もう少し詳しく言えば、ワインを白・ロゼ・赤の3種類ではなく、赤と
白を更に2種類ずつ分けて次の5種類の色に分類して考えるのです。

①グリーン・パターン
②イエロー・パターン
③ロゼ・パターン
④ライトレッド・パターン
⑤ダークレッド・パターン

①は白ワインの中でもグリーンに近い若草色のワインで、このようなワ
インにはハーブなど緑を使った料理がよく合います。②はゴールドに近
い黄色がかった白ワインで、その果実が熟したような香りが同じく黄色
っぽい料理やクリーム系の料理と相性がいいでしょう。

③のロゼにはきつね色~オレンジ色っぽい料理、④の明るい色の赤ワイ
ンには茶系でも明るい色合いの料理、⑤の黒くて濃い色の赤ワインには
やはり濃い茶系の料理が合いますので是非参考にしてみて下さい。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る