料理をする際に、ワインと合わせるために注意する点はありますか

一番注意するべき点は、塩味です。複雑な料理があまり得意じゃないと
いう人は、新鮮で良い素材を探し出し、それに美味しいお塩を合わせて
シンプルに調理するのがとてもおすすめです。こうすれば、ワインの風
味が口中で広がり、ソースのような役割を果たしてくれます。

天然塩の中には、天日干しをすることで取り出した塩と、煮詰めて取り
出した塩とがあります。

天日干しの塩はとても味がまろやかなもの。ですから、天ぷらや刺身に
そのままつけて食べるような、卓上の塩として使うのが良いとされてい
ます。

煮詰めた塩には苦味があります。苦味のある塩は、肉などを焼く前に振
ると、肉の味が締まる効果があります。

塩を料理によって使い分けるのが、料理をワインと合わせるために注意
する点だと考えます。また、塩の微妙な加減が料理とワインとを合わせ
る時に重要なポイントになると思います。

ワインを飲む場合、普段よりもちょっと塩味が強いだろうと思えるぐら
いにするのが、おいしくワインを飲むコツです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る