甘口のワインは料理には不向きなの?

甘口のワインは、どちらかと言うと少し時間が経って香りが薄くなって
も、まだ美味しく飲めるタイプのワインですので、デザートに使ったり
フルーツパンチに使ったりするのがいいでしょう。特にデザートは甘口
ワインの良さを活かせますのでおすすめです。

実はワインを調味料として料理に使うときに大切なのは、甘口か辛口か
ということよりも、酸味がきちんとあるかということ。ですので、甘口
でもしっかり酸味があるドイツワインのようなものでしたら、料理に使
っても問題はないでしょう。

しかし、酸味もなくただ甘いだけというタイプのワインは、あまり料理
には向いていません。調味料としてどんな料理にも使いたいというとき
は避けた方がいいでしょう。

それでも全く使えないということではなく、しゃぶしゃぶのごまだれや
味噌ベースの鍋に少し加えると、まろやかになるだけでなく、味も引き
締まって美味しくなりますので、是非試してみて下さい。また、クリー
ムソースを作るときなどにも使えます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る