ワインを料理に使うならどんな料理がおすすめ?

ワインを使った料理と言えば、すぐに思い浮かぶのが赤ワイン煮などで
すが、赤ワインがよく料理に使われるのには理由があります。色の濃い
赤ワインは、少し煮詰めただけでつやが出てとても美味しそうな色にな
り、その酸味も活かされるのです。

調味料として使う場合、煮ものだけでなく照り焼きやすき焼きなど味の
濃いものには赤ワインを、天つゆやしゃぶしゃぶのごまだれなどには白
ワインを使うと料理が引き立ちます。

また白ワインを使うなら、その酸味を活かすためにイエロータイプ(酸
味がまろやかなもの)よりも、グリーンタイプ(酸味が爽やかなもの)
を使った方がより美味しくなるでしょう。

ワインの自然な酸味は料理を美味しくしますが、酢とワインの相性は実
はいまいちなのです。なぜなら、酢酸はアルコールが酸化したもので、
酢の風味と酸化して劣化したワインの風味が重なるため、ワインの味わ
いを台なしにしかねないからです。

ワインを使った調味料でおすすめなのが、しょうゆと一対一で合わせて
沸騰させアルコールを飛ばしたもので、まろやかな味わいのポン酢のよ
うになります。割合を好みで調整して、色々な料理に使ってみて下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る