シャンパンは特別な日だけの飲み物?

あなたはシャンパンをどのような時に飲みますか?誕生日?結婚記念日?クリスマス?とかくお祝いのときに登場することも多いと思います。

船の進水式ではへさきで壜を割ったり、F1レースの優勝者に頭からかけたりして祝うシーンも映画やニュースなどで目にしている人は少なくないでしょう。シャンパンはお祝い事には欠かせないものの一つとなっています。

映画『カサブランカ』の中ではハンフリー・ボガードがシャンパンを注いで、イングリッド・バーグマンに「君の瞳に乾杯!」と言った有名なシーンがあります。

また、『プリティ・ウーマン』では、リチャード・ギアに部屋へ連れてこられたジュリア・ロバーツがルームサービスでオーダーしたシャンパンをイチゴをつまみながら飲んでいたシーンも有名で、イチゴとシャンパンが一躍ブームを巻き起こしたこともありました。映画の名シーンを演出する重要なアイテムとしても使われます。

特別なシチュエーションで飲まれるイメージが強いですが、実は時と場所を選ばずに飲めるワインでもあります。白ワインも赤ワインも基本的に食事に合わせて飲みます。しかし、シャンパンは食事と一緒はもちろんですが、食事以外のときでも飲みやすいものです。記念日やお祝いはもちろん、仕事が一段落した時、久しぶりの友人と会った時、休日にのんびり一服したい時などいつでもいいのです。

ありきたりな日常をスペシャルな時間に変身させることができる魔法のツールとなります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る