スパークリングワインとシャンパーニュは別のもの?

スパークリングワインとは、炭酸ガスを含んだ発泡性ワインの総称です。
17世紀なかばのこと、発酵途中だったワインに修道士がたまたまコル
ク栓をして放置したら、再び発酵して発泡したのがはじまりとされます。

シャンパーニュとは、その中でもフランスのシャンパーニュ地方の特定
地域のみで、定められた製法でつくられたものだけを指します。それ以
外はシャンパーニュを名乗ることは許されません。

シャンパーニュはワインをボトルに詰める段階で、酵母と糖分を加えて
密閉し、炭酸ガスを発生させる方法でつくられます。この瓶内二次発酵
はトラディショナル方式、シャンパーニュ方式ともよばれます。シャン
パーニュのほかにスペインのカバなどもこの製法で、もっとも手間のか
かる伝統的な製法です。

このほかの製法としては、二次発酵を耐圧タンクの中で大量に行う密閉
タンク方式や、シャンパーニュ方式と密閉タンク方式の中間的に位置す
るトランスファー方式などがあります。もっとも安価にできる炭酸ガス
注入方式は、大量生産に向いています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る