シャンパーニュと和食の国際結婚、その成功の秘訣は?

シャンパーニュの特徴は、酵母を加えられて発酵する際に出る、炭酸ガ
スのきめ細かい泡立ちでしょう。その酵母を入れることで発泡するわけ
ですが、それと同時に酵母が持つ、アミノ酸たんぱく質は旨み成分です
が、それがワインに独自の風味を与えます。つまり、シャンパーニュは、
その他のワインよりも群を抜いて、旨みが豊かなのです。

さて、旨みといえば、日本が世界に誇る発祥の味です。かつおダシや昆
布ダシなどは、アミノ酸の旨み成分の結晶なのです。そんな旨みダシを
ベースに伝承されてきた、数々の和食に、シャンパーニュとの共通の相
性をみることができるでしょう。

そうです。和風ダシをベースとした懐石料理は、まさにシャンパーニュ
が求めていた最高の伴侶だったと言ってもいいでしょう。お互いが持つ、
旨み成分が同じなので、京風の薄味の煮物や焼き物とは、絶妙の取り合
わせとなるのです。和食に使われる柚子や酢橘などは、シャンパーニュ
が持つシトラスの香りと同系になります。

このようにシャンパーニュの特徴や芳香は、和食の繊細でありながら時
に大胆でもある二面性に、初めから決められていたように最高の組合せ
になっているのです。まずは試しに、えぐみのある根菜の単品煮つけに
シャンパーニュを持ってきてみてください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る