気泡の状態から、シャンパーニュの品質はわかりますか?

グラスの底から立ち昇る泡の持続性、簡単に言えば小さな気泡がワイン
の表面で残っているか否かが大事なポイントになります。高品質のシャ
ンパーニュだったならば、そそいでから30分経過しても、そそいだ時
と同じように泡が出続けているはずです。

さらに本当にすばらしいと形容できるシャンパーニュならば、瓶の半分
程を飲み残し、栓を閉めないままの状態で3日放置したとしても、シャ
ンパーニュの中には多量の泡が解け残っている状態でしょう。

これはシャンパーニュの中に、それだけ多くの炭酸が溶け込んでいる状
態で、さらに安定しているということを表す大きな証拠となるでしょう。

またシャンパーニュをグラスにそそいだ時に、まるで卵のメレンゲよう
にきめ細かで、クリーミーな状態の泡が、ワインの表面に立ち昇るなら
ば、そのシャンパーニュの状態はグッドであると言う事ができるでしょ
う。

こうなるのは、瓶内の熟成期間の長さが関係しており、より長く熟成さ
せるのならば、ベースとなるワイン自体も上質なものである必要があり
ます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る