シャンパンと呼べないけど、シャンパンと同じ方式で造られているスパークリングワイン

最近はシャンパンの他にスパークリングといった言葉もよく聞かれます。
ちなみにスパークリングの中にシャンパンは含まれますが、スパークリ
ングワインがすべてシャンパンという訳ではありません。

スパークリングとは発泡性ワイン全てを指します。

発泡性ワインはさまざま国で造られていて、その国で呼び名もあります。
ドイツではゼクト、イタリアではスプマンテ、スペインではエスプモー
ソそしてフランスと言えばシャンパンと言いたくなりますが、フランス
で発泡性ワインと言えばヴァン・ムスー、クレマンといった呼び名がつ
いています。

えっ?フランスで発泡性ワインはシャンパンじゃないの?と思われる方
もいるのではないでしょうか?

シャンパンは発泡性ワインというだけでなく、その造り方と造られた地
域が限定されている特殊なものです。正確にはフランスのシャンパーニ
ュ地方の特定地域で、特定のブドウ品種を使い、栽培、醸造などの生産
条件を定めているフランスのA.O.C法に基づいて造られた発泡性ワ
インしかシャンパンとは呼べないことになっています。

シャンパーニュ地方では、スティル・ワインつまりブドウ果汁を発酵さ
せた、いわゆる一般的なワイン(赤ワイン、白ワインという)を瓶に詰
め、糖分と酵母を加え密閉して、瓶内二次発酵(一次発酵はブドウ果汁
がワインになるとき起きている)を起こさせる造り方をしていて、これ
をトラディショナル方式(またはシャンパーニュ方式)と言います。

この方式を使ってシャンパーニュ地方以外で作られている発泡性ワイン
があります。ドイツのフラシェンゲールング、イタリアのメトード・ク
ラシコ、スペインのカバなどがそうです。

またシャンパーニュ方式のように瓶の中で二次発酵させず、大きなタン
クの中で二次発酵させて造る方式もあり、シャルマ方式または密閉タン
ク方式とも呼ばれています。この方式だと短期間で、大量に造ることが
できるのでコストを抑えたスパークリングワインができます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る